社畜脱出_ルート66

業務効率化・転職・メンタルヘルスケア・残業に関する情報を発信しています!

【中小企業診断士に挑戦】経営情報システムの学習 【学習のコツ】

f:id:juntarou419:20210227095314j:plain

こんにちは。じゅんたろうです。

 

中小企業診断士に挑戦すると決めて、順調に学習が進んでいます。

 

経営情報システムはSEである僕にとってとっつきやすいと思ったのですが、

意外と知らない知識が多く困惑しましたが、暗記が進むにつれ、理解できるようになってきました。

やはり、細かいことは抜きにして、理解できない場合は暗記する、止まらず進めるというのは大切だと思います。

 

ここで学習のコツですが、上記でも書いたように学習で分からないところが出てきてもとにかく前に進めることが大切です。勉強が苦手な方の特徴として、分からない箇所があるとそこで止まり、何時間も考えて結局分からず、嫌になって学習をやめるというのが挙げられると思います。

 

以前にも記載しましたが、最強の勉強方法は短いスパンで大量に繰り返すことです。なので、仮に1周目、2周目で分からない箇所があったとしても突き進めて、繰り返していくうちに理解に必要な知識が頭の中に残り、理解できる時が来ます。

 

進める前提であれば、分からないから止まるということがないので、やめることを防ぐことが可能になります。

 

ぜひ試してみてください。

 

 

経営情報システムですが、下記のような構成になっていました。

 

・ハードウェアやソフトウェアのような基礎知識

システム開発の知識

・経営に活かせるITの知識

 

現状基礎知識をほぼ読み終えました。

残りを1日で読み解き1周目を完了したいと思います。

 

応援してくれると嬉しいです。

勉強頑張ります。

 

 

 

 

【中小企業診断士に挑戦】科目の学習順序 【学習のコツ】

f:id:juntarou419:20210225194743j:plain

こんにちは。じゅんたろうです。

 

中小企業診断士に向けて学習を始めましたが、

本日は学習する科目の順序を決めました。

 

中小企業診断士は下記の7科目です。

・企業経営理論

財務会計

・経済学・経済政策

・運営管理

・経営法務

経営情報システム

・中小企業経営・中小企業政策

 

セオリーでいうと暗記科目である下記4科目を試験直前に実施するのが良いとされていますが、今回は下記4科目から攻めたいと思います。

・運営管理

・経営法務

経営情報システム

・中小企業経営・中小企業政策

 

理由としては、暗記科目は理解する労力が少ないため、完成度を短期間で上げられるので、一気に完成度を高め、心理的負荷を軽減させるのが狙いです。

 

また、試験まで4か月ということから、そこまで期間が空かないので、記憶が落ち始める前に試験に臨めると考えました。

 

下記3科目は暗記科目ではないので、じっくり取り組む必要があると感じています。

暗記科目4科目を全て短時間でつぶし、余裕をもって臨みたいを思います。

・企業経営理論

財務会計

・経済学・経済政策

 

目標は来年合格ですが、心構えは今年合格するつもりで勉強は進めていきたいと思います。

 

順序を明確化すると下記の通りです。

経営情報システム

②中小企業経営・中小企業政策

③経営法務

④運営管理

⑤企業経営理論

⑥経済学・経済政策

財務会計

 

システムエンジニアなので、経営情報システムから着手を始めます。

 

明日はもっと具体化したスケジュールに落とし込みたいと思います。

 

ここでちょっとした学習のコツをお伝えします。

目次を暗記するのは効果的です。

 

私の勉強法の最終形態は本を丸ごと頭に入れることです。

その際に重宝するのが目次です。

本の構成・章の構成を知ることができ、知識を芋づる式につなげる一つの切り口になります。

 

訓練としては目次を見て、本に書いてある重要事項を思い出すということを行います。

そうすることで、目次という要点が超凝縮されたワードから記憶を呼び出すことが可能になり、それがそのまま試験に活かせます。

 

理想は目次を見ずに思い出して、頭の中で知識を湧きあがらせるまでやりこむことです。

ここまで来ると暗記科目は、ほぼクリアできると思います。

 

参考になったら嬉しいです。

 

 

 

【中小企業診断士に挑戦】参考書の選択 【学習のコツ】

f:id:juntarou419:20210224204237j:plain

 

こんにちは。じゅんたろうです。

 

中小企業診断士学習1日目。

いつまでに合格するかを決めました。

 

中小企業診断士は毎年8月の初旬に試験があります。

しかし、オリンピックの都合上今年は7月中旬の可能性もあり、

今から学習するとなると今年は厳しそうです。

 

なので来年の合格を目指します。

全7科目あり、1次(選択式)、2次(筆記試験)、3次(口頭試験)と試験が続きます。

約1年半弱で合格プランを練ります。

 

合格プランは確定次第載せますね。

 

購入した教材をご紹介します。

教材は下記の2つを購入しました。

・みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書 (上) 2021年度

・みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書 (下) 2021年度

 

色々見ましたが、まずは基本をざっくり抑えようということで

分かりやすさ重視で下記の参考書にしました。

カラーでかつ、要点のみを抽出していて、分かりやすい解説がついているのが良いと思いました。

 

ここで学習のコツをシェアします。

学習で大切なのは、

1回を丁寧に長時間かけて行うのではなく、

複数回を素早く短時間で行うほうが効果的です。

 

私はこの方法で東京大学大学院に合格しました。

(参考書や過去問は10周程度しました。)

 

そのことから、参考書選びで重要視しているのは、

要点がまとまっていることと、分量がそこまでないことです。

 

私の勉強法はとにかく短いスパンで何周もすることなので、

分量が少ないほうが望ましいです。

もちろん、情報が不足していては合格には届かないのですが、

基礎固めということでこの参考書を5周ほど回したいと思います。

 

中小企業診断士は7科目あり、全て今回購入した参考書の中に含まれておりますので、

1科目3日で1周し、15日で5周することを目標に学習を進めていきます。

 

単純計算で7科目終わるには105日かかる計算なので、

4か月で終わるように進めます。

6月末には終わるので、今年の試験前には基礎は固まっていると思います。

 

その段階で今年の試験があるので、

合格できないかもしれませんが受験してこようと思います。

 

結果はここで報告しますね。

 

 

 

 

 

 テキストだけでは合格は厳しいのは承知していますが、

来年に向け現場の空気感をつかんで来ようと思います。

 

では、応援してくれると嬉しいです。

中小企業診断士を取得します。

f:id:juntarou419:20210223181508j:plain

こんにちは。じゅんたろうです。

 

中小企業診断士を目指すことにしました。

 

これまでSEとしてキャリアを積んできましたが、

システムを導入後に顧客の課題が解決されているのか分かることはありませんでした。

 

SIerはシステムを導入すればそこで顧客と関係は終わりなので、本当に顧客の要望が達成できたかどうかまでは干渉しません。よくも悪くもシステムが全てです。

 

またシステム導入が本当に顧客の課題解決策として、ベストかどうかも分かりません。

 

もっと良い課題解決方法があったのではないか。

導入後顧客の課題は解決したのか。

そういったSEでは関与できない部分に対応できる人材になりたいと思い、

経営コンサルタントの資格である中小企業診断士を取得します。

 

とはいえSEのキャリアから経営コンサルタントに単純に進むかどうかは考え中です。

顧客の課題解決を行う際に、テクノロジーを利用することは非常に大きな武器になるのは重々承知しています。

 

SEの知識と中小企業診断士を取得する中で得た知識を掛け合わせて

何かしら世の中に還元できるように尽力していこうと思います。

 

成長していかなければ生き残れない過酷な世界に存在する企業の味方であれるよう、

私自身も誠心誠意努力してまいりたいと思います。

 

このブログでは、学習した内容や勉強方法、利用教材をアウトプットしていこうと思います。

 

応援してくれたら非常に嬉しいです。

頑張ります。

 

 

【現役SEが教える】Excel セルの分割【初心者向け】

f:id:juntarou419:20210223093819j:plain

こんにちは。じゅんたろうです。

 

セルの分割についてお話したいと思います。

 

2021/2/23を2021と2と23のように年と月と日に分割したいときはありませんか?

または鈴木 太郎という名前を鈴木と太郎のように姓と名に分割したい場合はどうでしょうか。

 

このように一つのセルに入力されている値を分割する方法を紹介します。

 

 

 

①セルの選択

f:id:juntarou419:20210223094524p:plain

まずは、セルの選択です。「Shift」+ 矢印で選択できますので、A1セルからA6セルまで選択してみます。

 

②データタブのデータツールセクションから区切り位置を選択する

 

f:id:juntarou419:20210223094725p:plain

セルの選択が済んだら、区切り位置を選択しましょう。

 

③区切り位置指定ウィザードにて区切り文字を指定する

f:id:juntarou419:20210223094918p:plain

区切り位置を選択すると上記のような画像が出てきます。

データのファイル形式を選択してくださいと問われるので、

カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータを選択してください。

 

そして次へを押します。

f:id:juntarou419:20210223095335p:plain

この画面では区切り文字を何にするか選びます。

今回は「/」で区切るので、その他にチェックをいれ、右側の入力BOXに「/」を入れます。

カンマで区切りたい時はカンマにチェックを入れればカンマの前後でセルを分割できますし、スペースにチェックを入れればスペースで分割が可能です。

ここはその時の区切りたいものに合わせて選択してくださいね。

 

次へを押下します。

 

f:id:juntarou419:20210223095757p:plain

この画面では区切った後のデータ形式を選択します。

データ形式というのは「数値」や「通貨」、「文字列」などを指します。

ここでポイントですが、データ形式が「標準」のままだとExcelが自動的に配慮をして想定とは違う値になってしまうことがよくあります。

例えば「0001」を「1」にしてしまうということですね。

それを防ぐために全結果を文字列として区切るのが大切です。

 

データのプレビューの部分で一番右の部分を「Shift」を押しながらクリックしてください。

f:id:juntarou419:20210223100401p:plain

すると端から端まで黒くなります。

これが選択しているという意味ですので、この状態で文字列を選択して完了を押下します。

f:id:juntarou419:20210223100535p:plain

④結果確認

f:id:juntarou419:20210223100630p:plain

きちんと「/」でくぎられて表示されました!

 

ぜひ便利なので利用してくださいね。

 

以上がセルの分割の方法でした。

 

少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

【現役SEが教える】Excel 不要な行の削除【初心者向け】

f:id:juntarou419:20210222153244j:plain

こんにちは。じゅんたろうです。

 

皆さんはExcelの不要な行を削除するときにどのような手順で削除していますか?

2、3行であればそこまで手間ではありませんが、量が多くなってくると大変ですよね。

 

今回は一気に不要な行の削除ができる方法を紹介します。

 

①空白セルの選択

f:id:juntarou419:20210222154038p:plain

 

上記の表を例にし、2行目と5行目を削除したいと思います。

まずは空白セルを選択します。

「Ctrl」+クリックで、B2セルとB5セルを選択しても良いのですが、

これだと多くのセルを選択するときに不便です。

 

一気に選択する方法があるのでお伝えしますね。

まずは「Ctrl」+ Gを押下してください。

f:id:juntarou419:20210222154556p:plain

すると上記のような画面が表示されるので「セル選択」を押下しましょう。

 

f:id:juntarou419:20210222154912p:plain

セル選択を押下すると上記のような画面になるので、空白セルを選んで「OK」を押下してください。

 

すると空白セルが選択されます。

f:id:juntarou419:20210222155042p:plain

 

②ホームタブのセルセクションから「削除」→「シートの行を削除」を選択

f:id:juntarou419:20210222155224p:plain

空白セルを選択したら、ホームタブ→削除→シートの行の削除を選択します。

ポイントは行を削除するということです。

行ごと削除しないと、都道府県名と県庁所在地のつながりが崩れてしまいますので注意が必要です。

 

 

③結果の確認

 

f:id:juntarou419:20210222162657p:plain

県庁所在地が空欄だった青森県宮城県が削除されました。

 

以上が不要な行の削除の方法です。

少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

【現役SEが教える】Excel 特定の条件で色を付ける【初心者向け】

f:id:juntarou419:20210220112335j:plain

こんにちは。じゅんたろうです。

 

皆さんはExcelの条件付き書式という機能をご存じでしょうか。

この機能を利用すれば、一気に選択したセルの中で指定した条件に色を付けることが可能になります。

 

膨大なデータの中から自分の望むデータを見つけやすくなるので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

それでは手順を解説します。

 

 

 

セルの選択

f:id:juntarou419:20210220113354p:plain

まずはいつものようにセルを選択しましょう。

以前も書いていますが、「Shift」キー+矢印で選択できます。

今回はA1セルからA14セルまで選択します。

上のような状態になっていればクリアです。

 

 

 

条件付き書式から「セルの強調表示ルール」→「文字列」と選択する

f:id:juntarou419:20210220114114p:plain




セルを選択したら、条件付き書式を押下しましょう。

そうするとリストが出てきますので、「セルの強調表示ルール」→「文字列」と進んでください。

 

f:id:juntarou419:20210220114335p:plain

今回は「県」と入っているセルを強調したいので、左のBOXに県と入れます。

書式は赤色文字で背景色が赤でよい場合はこのままで「OK」を押してください。

変更したい場合は右にある下矢印を押下すると選択肢が表示されるので、そこから選んでくださいね。

 

結果確認

f:id:juntarou419:20210220114731p:plain

では、結果を確認したいと思います。

このように県が含まれているセルは赤く強調されていますね。

逆に北海道や東京都のように県が含まれないセルはそのままの状態です。

 

条件の設定次第で様々な使い方ができるので、

状況に合わせて利用してみてください。

 

以上が条件付き書式の利用方法でした。