社畜脱出_ルート66

業務効率化・転職・メンタルヘルスケア・残業に関する情報を発信しています!

【現役SEが教える】Excel 不要な行の削除【初心者向け】

f:id:juntarou419:20210222153244j:plain

こんにちは。じゅんたろうです。

 

皆さんはExcelの不要な行を削除するときにどのような手順で削除していますか?

2、3行であればそこまで手間ではありませんが、量が多くなってくると大変ですよね。

 

今回は一気に不要な行の削除ができる方法を紹介します。

 

①空白セルの選択

f:id:juntarou419:20210222154038p:plain

 

上記の表を例にし、2行目と5行目を削除したいと思います。

まずは空白セルを選択します。

「Ctrl」+クリックで、B2セルとB5セルを選択しても良いのですが、

これだと多くのセルを選択するときに不便です。

 

一気に選択する方法があるのでお伝えしますね。

まずは「Ctrl」+ Gを押下してください。

f:id:juntarou419:20210222154556p:plain

すると上記のような画面が表示されるので「セル選択」を押下しましょう。

 

f:id:juntarou419:20210222154912p:plain

セル選択を押下すると上記のような画面になるので、空白セルを選んで「OK」を押下してください。

 

すると空白セルが選択されます。

f:id:juntarou419:20210222155042p:plain

 

②ホームタブのセルセクションから「削除」→「シートの行を削除」を選択

f:id:juntarou419:20210222155224p:plain

空白セルを選択したら、ホームタブ→削除→シートの行の削除を選択します。

ポイントは行を削除するということです。

行ごと削除しないと、都道府県名と県庁所在地のつながりが崩れてしまいますので注意が必要です。

 

 

③結果の確認

 

f:id:juntarou419:20210222162657p:plain

県庁所在地が空欄だった青森県宮城県が削除されました。

 

以上が不要な行の削除の方法です。

少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。